トップイメージ
ボタン1
ボタン2
ボタン2
ボタン2
ボタン1

★↑上の年度ボタンをクリックしてご覧ください★
奇想天外3Dアートは、仲良くなれるツールとして現在も連載中です。

このホームページは倫理研究所発行の「新世」に連載中の「奇想天外3Dアート」を新世編集部のご好意によりWeb版アーカイブスとして、公開しているものです。
ーーー
3Dアートの見方(平行法)は、
アトリエフロックのホームページ
こちらを参照してください。
3Dアートの魅力と面白さは複雑な平面(2D)の模様の中から立体(3D)になって見えた瞬間の快感にあります。それは目の前にあった霧や靄(もや)がパッと晴れて見通しが良くなった感覚に似ています。
また、イライラ感、モヤモヤ感が3Dアートを見ているうちにスッキリ感に変わる瞬間でもあります。パソコンなどで疲れたなぁ、と思った時、ぜひWeb版「奇想天外3Dアート」で皆さんの気分をリフレッシュ!させてください。
新世年間購読
★Facebook「いいね!」ボタンを押してみんなに知らせよう。